26才独身女性銀行員の出会い系日記

私は出会い系サイトというのは、ネットからの情報で知っていましたが、実際にどこまでリアルなものかは知りませんでした。
Jメールを利用したのも本当に気軽に登録できるという雰囲気からでした。
結婚相手が必要ならば婚活サイトがあるのですが、今はまだ仕事もできるだけしたいし、この生活を崩すことは考えていません。
Jメールで知り合えたのはセフレですが、皆会っている時はとても優しくて素敵な男性です。
あくまでセフレ募集という部分で知り合ったので、お互い割り切れています。

素敵な彼氏が欲しいことは確かですが、セフレはとても優しくて、私の仕事の愚痴とかも聞いて励ましてくれます。
私はまだ未婚だし、誰にも迷惑かけている訳でもないし、セフレを持つことは、私の心を癒す為の非常に重要な手段です。
彼の優しさはおそらく私と肉体関係があることによるものだけだと思いますが、それでも満足です。

実はか彼には私は銀行員ではなく、看護師だと言ってあります。
彼の職業は、経営コンサルタントだそうです、しかし、そんなことは私はどうでもよくなりました。
何故なら、彼はバレンタインデーやホワイトデー、私の誕生日と、私の人生の大切な日にいつでも側にいてくれました。

彼はいつも突然連絡を入れてきます。
また、私の気持ちが落ち込んだ時にも、絶妙のタイミングで慰めてくれます。
週末は私の家に連泊しているのですが、セフレとしての常識は守って私に命令することはないのです。

 

たとえセフレであってもここまで女性にとって大切なイベントの日に私の側にいてくれるというだけで有り難いです。
彼は、「このまま続けられればもっといい方向に行くと思う」と言ってくれます。
もっと彼のことを独占したいと思っていますが、大きな声で言えないもどかしさもあります。

今はまだ彼が泊りに来てくれるのは各週で、引越しをする必要があるのだと言っていましたが、
もしかしたら私は調子に乗せられているのかも知れません。
でも彼と過ごす時間は楽しいし、セフレとして気兼ねなく関係をねだることもできます。
彼氏と付き合うということはこんなものか、と思うのと同時に、「こんなにも優しい男性が本当に自分の恋人だったら」と
思うことばかりです。

 

未婚、女性、26才、銀行員